探偵

妻の浮気証拠調査費用・探偵・興信所相談おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

もし配偶者が浮気していた場合、慰謝料の支払いを求めることができます。とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。

 

もめ方によっては訴訟になるでしょうし、そうなる前に弁護士にお願いして、無難なところでまとめあげてもらう方が良いかもしれません。

 

興信所や探偵社で行う浮気調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、一見するとオトクに感じますが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、長期間にわたる調査が必要な場合は契約できないときもあるらしいです。
それに、浮気の裏付けがとれたときにかなりの代金を請求されることがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。

 

先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。時効といって、浮気の相手が判明してから3年、また、不倫行為があってから20年間が請求期限となります。仮に時効直前でも慰謝料請求訴訟を起こせば、時効はなくなります。時効が迫っているなら、裁判を起こすことも選択肢に入れてみましょう。興信所や探偵社などを経営する際は、資格や免許はこれといって要求されません。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書の交付という許可を取り付けることが不可欠です。

 

不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。

 

 

懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、不倫に走るきっかけになる可能性が高いです。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同年代の思い出があるせいか当初は男女を意識せず、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。同窓会出席を契機に、いままでと違った行動パターンをとるようになったら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。公務員の夫は29歳。
私も29歳。7歳の男の子と5歳の娘がいます。

 

夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、夫婦双方の親同席で相談し、離婚することになりました。
幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が育てていくわけです。メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書という形で残しました。

 

 

 

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って第三者(依頼主)に報告する調査業自体、法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。ご心配なく。
探偵業法を遵守していれば違法ではありません。
この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブル発生抑止のため定められました。

 

 

興信所の仕事と聞いて、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。
調査対象に内密に後を追って、不倫等の証拠を押さえることです。

 

察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておかなければなりません。どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。

 

不倫の理由にしばしば挙げられるのは、配偶者との日常生活に飽きたという自己中心的な感情です。
異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが浮気へと走らせるようです。怒ったところで逆効果ということもありますから、二人で歩み寄って、おたがい我慢したり苦しいと感じていることは何かを話してみて、認識するのが肝心です。

 

 

言い合いにならないよう冷静な気持ちで臨みましょう。

 

たとえ大手だからといって絶対的に優秀だとは言い切れませんが、規模の大きな興信所を選んだほうが損はないと思います。小規模な調査会社の中にはきちんとした探偵業務も行わずに高額な料金をとったり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、依頼する上では参考になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思っている人は少なくないでしょう。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、男だらけの職場でも用心すべきです。そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。
不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、精神的にも負担が少ないと思います。

 

単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査対象が身近な人間なわけですから、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もあります。同じことでも探偵に依頼すれば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く目的を完遂することができるのです。

 

 

昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は違いがありません。共によく扱うのは、離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのが是非とも欲しいところです。しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、スムーズに離婚できると思います。また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際も役立ってくれることでしょう。興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談までなら無料というところも少なくありません。
複数の会社に相談することもできますから、依頼前にぜひ利用しておきたいですね。その会社の対応状況などを判断する助けになるでしょう。また、相談員と話していくうちに、頭の中でもやもやしていた問題を仕切り直しできるので、おすすめです。

 

興信所と探偵。

 

 

 

何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いはその名称のみと考えていいでしょう。両方とも探偵業務と報告を行うことは違いがありません。
浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じと考えて問題はないでしょう。

 

もっともジャンルごとの得手、不得手は、会社によってそれぞれ微妙に異なるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。
個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等をクライアントに報告する探偵業というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。

 

 

 

この法律が発効されたのは平成19年です。
それ以前は個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などのトラブル発生抑止のため定められました。

 

 

興信所、探偵社というものの中には詐欺のようなタチの悪い会社があるのが現実です。
依頼しても良いかどうか評判も見て、堅実な会社に依頼すべきです。
例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。

 

 

 

どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、わかるまでよく説明してもらった上で契約するようにしましょう。

 

探偵の看板を掲げるには特殊な免許資格は要求されません。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、探偵業届出証明書の交付という許可を受けることが大原則です。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。

 

 

これから探偵業者を使おうと思ったら、ひとまず電話をかけて話をしてみることからスタートです。

 

 

電話口での相談で相手の応対を見て、その上で詳細な話をするとなれば、事務所まで出向くことになります。その場で打ち合わせをして納得したら契約し、本当の調査が始まるのです。不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずに頼むことはできないので、信頼性の高い会社でなければなりません。

 

安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで意図しないトラブルを招くおそれがあります。
あとになってガッカリすることがないように、ネットで情報を調べて、誠実そうなところを選ぶことです。

 

 

 

ろくでもない探偵を雇ってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。

 

 

事務所に相談に行った際、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は注意すべきです。一度断ったのに、やたらと電話で勧誘してくるのは、悪質な業者だと思ったほうが良いでしょう。真面目に営業している探偵、興信所ではそんなことはしないはずです。不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。不倫相手を特定してから3年間、もしくは不倫の事実から20年間が請求期限となります。

 

それに、時効期限が近づいているときでも、提訴すれば、期限がリセットされるのです。期限まで間がないときは、裁判を起こすことを検討してみるべきです。

 

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても分が悪いでしょう。
不倫行為の存在を法廷が認めてくれないこともあるからです。
「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。

 

 

 

そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。

 

 

 

証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは不本意ですよね。ですから、信頼できる調査結果を入手しておいたほうが良いでしょう。浮気と不倫。違いがあるのをご存知ですか。

 

厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに肉体的な交渉がある場合をさします。

 

もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に代償として慰謝料を請求することが可能です。
相手が油断している間がチャンスです。探偵業者に依頼して、不貞行為の証拠を押さえ、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより現実を見せ、きっぱりと別れさせるというケースも多いです。

 

 

 

この頃はついうっかりスマホを放置して、浮気が明るみに出たという事例が増加しています。スマホが主流となっている今、ラインなどのSNSやメールに不倫の履歴が隠れている可能性は高いです。

 

いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、不倫の証拠はスマホの中にあると思っていいでしょう。夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、夫婦双方の親同席で相談し、離婚ということで合意しました。まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで養育していく責任があります。感情的にはもやもやが残りますが、弁護士の方にお願いし、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、公正証書というのを作ってもらいました。

 

最近はデジタル技術が発達したので、GPSの衛星測位システムを使って浮気を簡単に見つけられるようになりました。調べたい相手にGPS搭載のスマホを使わせることさえできれば、ほとんどリアルタイムでどこにいるかが分かってしまうのはすごいですね。

 

別に違法というわけではないですし、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、GPSが役立つかもしれません。探偵がしている仕事(行動)として、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。

 

 

調査対象に内密に移動を共にし、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。

 

 

 

悟られることがまずないとはいえ、尾行する人間は相手の行動を冷静に想定しておかねばなりません。

 

 

 

予想しえないことに備えて動くのが、探偵の仕事です。興信所を使うときの代金はまちまちで、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくる会社もあるようです。高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、確実にそうだとは言えません。

 

 

 

高いお金を払って、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったという結果に終わらないよう、契約を交わす前に平均的な価格について調べておくべきです。

 

探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないかというと、最近は結構多様化してきていて、比較的大規模な探偵社の場合はクレジットカードでの決済に対応しています。

 

利用明細にはそれとわからないような表記を採用している会社も少なくないので、興信所や探偵を利用したことが気付かれる恐れもありません。

 

 

 

カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。

 

遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。嘘を言うときには人は快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。

 

 

短い質問なら簡単に答えれば良いのに、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。
やましいと感じていると、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。

 

 

 

視線もキョドりますし、目線を追うとすぐ判別がつきます。探偵業者に回ってくる依頼の多くは浮気の行動調査ではないでしょうか。

 

不審な行動があるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

 

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、はっきりとした裏付けをとるためにも専門のノウハウがある探偵を頼むのが最良の選択だと思います。もし不倫をしているなら、相手の妻から、慰謝料を求める内容証明郵便が届くことは浮気の場合、当然ありえることです。
気になるのがその金額ですが、先方夫妻が結婚を継続するか否かで差があります。
離婚に至っていないにもかかわらず一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうほうが良いでしょう。

 

 

来週30歳の誕生日を迎える公務員です。
妻は子供ができるまでパートに出ています。

 

 

この前、同僚の男との浮気が判明。

 

 

 

しかし、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。

 

 

 

以降、口をきいてくれません。修復の見込みがあるのでしょうか。妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。
謝罪がなければ、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。
営業所の住所や連絡先などは、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。

 

話の整理がつかなくても質問に答えていけば、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか見積りが出てきます。
無料で見積ってくれるところもありますし、納得いくまで考えてみると良いでしょう。

 

 

 

あとから内容の変更も可能です。

 

探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。そこで目安になるのは「地域」です。

 

 

誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、どの地域なのかを中心に、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。

 

 

ある程度の選別ができたら電話をかけて、相談しましょう。

 

 

 

相手は専門家ですが、話をしてみないと、安心して任せられる業者かもわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。

 

 

不倫をやめた原因としてもっとも多いのは、浮気が発覚したからだそうです。
だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのは難しく、気分的にも良いものではありません。最初から興信所や探偵業者などのプロに不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。

 

 

そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、一番近いところにいる人でなければできないことです。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、きっちりロックでガードされていて、わかりませんでした。泥沼は嫌なので、これは興信所を頼むべきだと考えたのですが、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、二の足を踏んでいます。探偵社の調査員になって5年目ですが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、カンやコツのようなものもありますが、習熟も不可欠です。
ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。

 

 

 

なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、発注者の安全と利益を損なわないよう、細やかな注意を怠らないことは常識です。

 

対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

 

探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜかもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、携帯にロックをかけるようになったりして、懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。そもそも前の浮気時の対応が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、次はないということを実感させるような厳しい措置が必要なのではないでしょうか。